ロシア Russia - グッとくる世界の絶景

2017年09月14日

2018FIFAワールドカップロシア大会観戦・観光のヒント


サッカーの2018FIFAワールドカップが、2018年6月14日から7月15日までロシアで開催されます。ロシアは大国でありながら、日本人にとってはまだまだ未知の国です。FIFAワールドカップ観戦でせっかくロシア旅行に行かれるなら、ついでに観光も楽しみたいところです。

ロシア旅行は、近年になってようやく大手旅行会社からもパッケージツアーが販売されるようになったところです。サッカー日本代表のグループステージ(1次ラウンド)の組み合わせが決まれば、旅行会社からFIFAワールドカップ観戦ツアーが多数販売されることでしょう。なお、組み合わせ抽選は、12月1日にモスクワで行われる予定です。

赤の広場
クレムリン(写真:Expedia)



FIFAワールドカップ観戦や観光でロシアを旅行する場合、飛行機でモスクワかサンクトペテルブルクから入国される方が大半だと思います。観光の見所は、首都モスクワと約200年間ロシア帝国の首都だったサンクトペテルブルクの周辺に集中しています。世界遺産の建築やロシア正教のネギ坊主の教会、美術館や博物館、バレエやオペラ、日本人の口に合うロシア料理など魅力が充実しています。以下では、FIFAワールドカップを観戦する人にもそうでない人にも役立つロシア旅行のいろはをお伝えします。


■サッカー・2018FIFAワールドカップロシア大会の概要


●2018FIFAワールドカップロシア大会の日程
2018年6月14日〜7月15日
・グループステージ
 6月14日〜6月28日
 ▽開幕戦
  6月14日 18時〜 ロシアvsグループA2番(モスクワ:ルジニキ・スタジアム)
・決勝トーナメント
 1回戦 6月30日〜7月3日
 準々決勝 7月6日、7日
 準決勝 7月10日(サンクトペテルブルク:クレストフスキー・スタジアム)
     7月11日(モスクワ:ルジニキ・スタジアム)
 3位決定戦 7月14日(サンクトペテルブルク:クレストフスキー・スタジアム)
 決勝 7月15日 18時〜(モスクワ:ルジニキ・スタジアム)
・スケジュール
Schedule−Welcome2018.com(英語)

●グループステージ(1次ラウンド)
チーム数32ヶ国。グループA〜Hの8グループに分かれる。各グループ上位2チームが、決勝トーナメント(ベスト16)に進出する。組み合わせ抽選は、12月1日にモスクワで行われる。
・2018FIFAワールドカップ出場国
Teams−FIFA.com(英語)

●開催都市(11都市12会場)
@モスクワ(ルジニキ・スタジアムとオトクリティ・アリーナの2会場)
Aカリーニングラード
Bサンクトペテルブルク
Cヴォルゴグラード
Dカザン
Eニジニ・ノヴゴロド
Fサマーラ
Gサランスク
Hロストフ・ナ・ドヌー
Iソチ
Jエカテリンブルク
2018 FIFAワールドカップ(wikipedia)

●2018 FIFAワールドカップのチケット購入方法
FIFA公式サイトの「 2018 FIFA World Cup Russia」のページから購入できる。3期に分けて販売される(変更の可能性があるので最新情報を要チェック)。
Ticketing - 2018 FIFA World Cup Russia(FIFA.com)(英語)

@1次販売(フェイズ1)
9月14日から10月12日までに申込。応募総数が多い場合は抽選で購入者が決定される。11月16日までに当選が通知される。11月16日から28日までは、残りのチケットを先着順に購入できる。

A2次販売(フェイズ2)
12月1日にグループステージの組み合わせ抽選が行われた後の12月5日から2018年1月31日までに申込。応募総数が多い場合は抽選になる。2018年3月13日から4月3日の期間は、残りのチケットを先着順で購入できる。

B直前販売(最終フェイズ)
2018年4月18日から7月15日まで先着順でチケットを購入できる。

オフィシャルマスコットのZabivaka
オフィシャルマスコットのZabivaka(画像:FIFA.com)


■2018FIFAワールドカップロシア大会観戦のためのヒント


大会期間中を通じて日本代表を応援しようという熱烈なファンには、南アフリカ大会(2010年)、ブラジル大会(2014年)に続き、大国ロシアならではの厳しい試練が待ち受けています。

●開催都市が広範囲に分散している
日本代表(特定チーム)の試合を観戦する場合は各地を転戦することになるので、長距離の移動と長期間の滞在を覚悟しなければなりません。次の試合までには日数があるので、観光がてら移動すればよいという考え方もできます。日本代表の全試合観戦は無理でも1試合でも観戦したい方は、日本代表の試合がある1〜2都市に滞在し、プラス@で日本代表以外の試合も好カードがあれば観戦するというスタイルもあると思います。

日本代表の試合にこだわらない方は、モスクワかサンクトペテルブルクで期間中の好カードを観戦し、移動が少なくなる分だけ観光を充実させるというスタイルもあると思います。モスクワであれば中心市街地から地下鉄で行ける範囲に2会場あるので、グループステージだけで8試合もあります。
・試合スケジュール
Schedule−Welcome2018.com(英語)
・開催都市(地図)
Host Cities−FIFA.com (英語)

●ロシアは個人旅行が難しい
少しでも費用を抑えたい方は、観戦ツアーではなく、自分で格安の航空券や宿(Airbnbなど)を調達して個人旅行をしたいところですが、ロシアは自由な個人旅行を阻むいくつもの壁があります。

@ビザ
ロシア滞在にはビザが必要ですが、ロシアのビザはお金を出せば取得できるような簡単なものではありません。ロシア旅行のためには、あらかじめロシア入国から出国までの旅行日程を決め、旅行者はその日程の通りに旅行しなければならず、かつ、ビザ取得のためにはあらかじめ旅行費用を払い、その証明を受けていなければなりません。ビザについて詳しくは、下の「個人旅行の場合のロシア・ビザ所得」を見てください。

A外国人滞在登録(到着通知)
外国人がロシアにおいて7労働日以上同じ場所に滞在する場合は、「滞在登録」が必要で、到着後7労働日以内に最寄りの移民局に「到着通知」を提出しなければなりません。ホテルについては、滞在日数に関係なく滞在登録を実施する義務が課せられています。ホテルに宿泊する場合にはホテル、友人等個人宅に宿泊する場合には、その宿泊する家の所有者が登録者となります。

しかし、格安のユースホステル等では「滞在登録」を実施してくれない場合があると在ロシア日本大使館が注意喚起しています。さらに、FIFAワールドカップ開催期間前から「安全対策強化期間中は、管理区域や立ち入り禁止区域が設けられたり、到着後1日以内に「到着通知」や「滞在登録」を実施する必要がある等、特別な措置がとられる予定」と注意喚起しています。

外国人滞在登録(到着通知)について詳しくは、下の「外国人滞在登録(到着通知)」を見てください。日本大使館から新たな注意喚起があるかもしれませんので、最新情報をチェックしてください。
日本大使館からの注意喚起(安全対策強化(追加情報))−在ロシア日本大使館
ロシア短期滞在旅行時における「滞在登録」制度について−在ロシア日本大使館


■ロシア(モスクワ、サンクトペテルブルク)へのアクセス


日本から飛行機でロシアに渡航する場合は、首都のモスクワまたはロシア第2の都市サンクトペテルブルクから入国するのが一般的です。

●モスクワへのフライト
成田からモスクワ(シェレメーチエヴォ国際空港)への直行便はJAL(ワンワールド加盟)とアエロフロート・ロシア航空(スカイチーム加盟)が運航しています。関空からの直行便は、運航されていません。乗継便は、多数の航空会社の組み合わせが可能です。
・直行便(成田〜モスクワ)の所要時間
成田→モスクワ 約10時間25分
モスクワ→成田 約9時間40分
日本航空
アエロフロート・ロシア航空(日本語)
シェレメーチエヴォ国際空港 - Wikipedia

●サンクトペテルブルクへのフライト
季節運航やチャーター便を除き、日本からサンクトペテルブルク(プルコヴォ空港)への直行便を運航している航空会社は、ありません。乗継便は、多数の航空会社の組み合わせが可能です。
プルコヴォ空港 - Wikipedia




■ロシア(モスクワ、サンクトペテルブルク)のベストシーズン


●モスクワのベストシーズン
モスクワ観光のベストシーズンは、6月から8月までが最も過ごしやすく、この時期に旅行者が集中します。白夜の時期は、深夜まで明るくなります。春の5月と秋の9月も観光に適しています。バレエやオペラは、オフシーズンとなるので、注意が必要です。
モスクワの天気&服装ナビ‐地球の歩き方

●サンクトペテルブルクのベストシーズン
サンクトペテルブルク観光のベストシーズンは、基本的にモスクワと同じです。モスクワの気温と大差がないので、服装はモスクワの案内が参考になります。
◇サンクトペテルブルグ(旧レニングラード)の天気&服装ナビ‐地球の歩き方

●天気予報(モスクワ、サンクトペテルブルク)
モスクワの天気‐日本気象協会
サンクトペテルブルクの天気‐日本気象協会


■ロシアのビザ(査証)の概要


ロシアへの入国には、あらかじめビザを取得しておく必要があります。空港に着いてからビザを取得することはできません。ロシアのビザ取得は、必要書類を揃えるのに相当な手間と時間がかかりますので、手続きが面倒な方は、お金はかかりますが旅行会社に依頼するとよいでしょう。

●ロシア・ビザの公式情報
在日ロシア連邦大使館のサイトへアクセスし、左側のメニューから領事部サービス→査証申請へと進んでください。ビザの制度は変更されることがありますので、常に最新情報を確認してください。
在日ロシア連邦大使館−査証申請

●観光ビザの申請に必要な書類
@パスポート原本(申請するビザの出国期限より6ヶ月以上、見開き2ページ以上の余白)

A電子査証申請書(EVA)
・専用サイト(日本語)へアクセスして、電子申請書の入力と印刷を行う。
ロシア連邦外務省領事局査証専用サイト(日本語)
・電子申請書の入力は、旅行会社のホームページを見ながら入力すれば簡単です。
ロシアビザ/査証のオンライン申請書の記入例/書き方‐ロシアビザ取得申請代行センター
オンライン査証申請フォームの記入例/書き方‐ ロシアベンチャーコンサルティング

B写真1枚(パスポート用のサイズ4,5х3,5cm)
背景が無地で、サングラスやカラーレンズ付きメガネ、帽子を着用していない状態で顔全体が正面から鮮明に写っているカラー写真

C旅行会社が発行する旅行確認書(コピー可)
旅行確認書とは、ロシア政府に登録された旅行会社が発行する外国人旅行者受入れ確認書(身元保証書)のこと。旅行会社のホームページでは、サポートレターや招聘状と記載されていることがある。
在日ロシア連邦大使館ホームページにおける記述>
・ロシア連邦観光省による登録(旅行リファレンス番号)のある受入れ先の情報が記載される書類で、受入れ先の責任者の署名および社印がなければならない。
・ロシア外務省に事前に登録されているロシアの旅行会社のみが発行できる文書。日本人観光者は,直接又は利用する日本の旅行会社を通じて同文書を入手することになる。
・ファックスコピー可

D旅行会社が発行するバウチャーのコピー
バウチャーとは、旅行会社が発行するロシア入国から出国までの旅行日程(ロシア国内ホテル、鉄道、航空券など)の支払が済んでいることの証明書のこと。ホテルの予約確認書や領収書では認められないので、注意が必要です。
在日ロシア連邦大使館ホームページにおける記述>
バウチャーには下記の情報がなければなりません。
・旅行者のデータ(氏名、生年月日、パスポート番号)
・ロシア入国日および出国日
・観光ルート、移動手段、宿泊場所、観光プログラム
・旅行会社の署名と印
・支払済み証明
・ロシアの受入れ旅行会社名とその旅行レファレンス番号

●ビザ取得に要する日数
ビザの発給についての決定は、原則として書類提出の日から起算して10労働日以内に行われる。
ただし、有料でビザ発給の審査期間を短縮できる。

●ビザ申請手数料
原則として無料で発給される。ただし、有料でビザ発給の審査期間を短縮できる。
・4〜10労働日 4,000円相当額
・3労働日以内 10,000円相当額

●ビザの申請先と受付時間
受付時間は、月曜日から金曜日までの9時30分から12時30分まで。
@在日ロシア連邦大使館領事部
 東京都港区麻布台2-1-1
A在札幌(北海道)ロシア連邦総領事館
 札幌市中央区南十四条西12丁目2-5
B在函館総領事館分館
 北海道函館市元町14-1
C在新潟ロシア連邦総領事館
 新潟市万代島5−1万代島 ビル12階
D在大阪ロシア連邦総領事館
 豊中市西緑ヶ丘1-2-2


■個人旅行の場合のロシア・ビザ所得


●バウチャーと旅行日程
ロシアの観光ビザは、申請時に旅行日程(ロシア国内ホテル、鉄道、航空券など)の支払が済んでいることを証明するバウチャーが必要とされています。バウチャーには滞在する都市名や宿泊するホテル名などが記載されるので、ビザの申請までに旅行日程が決まっていることが前提となっています。

●バウチャーの取得方法
@旅行会社
旅行会社は、ロシアビザの取得代行(バウチャーなど必要書類の準備とビザの申請・取得)のサービスを有料で行っていますが、その旅行会社でホテルや航空券などを購入することが条件となっています。利用条件は、旅行会社によって異なります。
HIS‐ロシアビザ取得のご案内
北欧トラベル‐ロシアビザ代行申請

A査証斡旋会社
旅行会社を通さずに個人で航空券やホテルなどを予約する場合は、自力でバウチャーを取得せざるをえなくなります。こうした旅行者をターゲットとして、インターネットなどで集客する査証斡旋会社が存在しています。しかし、査証斡旋会社は、旅行者が実際に旅行行程の支払を終えているかどうかにかかわらずバウチャーを発行しているので、支払証明というバウチャーの目的を逸脱するものであるため、あくまで利用は自己責任となります。

●空バウチャーの危険性
空バウチャー(旅行者が実際に旅行行程の支払を終えていることを確認することなく発行されるバウチャー)を入手すれば、形式的にはロシアビザの申請ができるので、ビザを取得することはできるでしょう。現に空バウチャーでロシアビザを取得されている方が、ネットに書き込みをされているのをよく見受けます。

しかし、空バウチャーには、実際の旅行行程とは異なるホテル名などが記載されているので、現地で不正な手段で入国した疑いをかけられないとも限りません。また、ロシア滞在中にパスポートの盗難や紛失により査証を失った場合に、ビザの転記または延長手続に査証斡旋会社が非協力的な場合が多いのでトラブルになることがあると外務省が注意喚起しています。
空バウチャーによる不正取得にご注意 - ロシア旅行社
ロシアビザは厳格です - ロシア旅行社
モスクワ滞在 安全マニュアル−在ロシア日本国大使館


■外国人滞在登録(到着通知)(Registration)


●外国人滞在登録(到着通知)が必要な方
外国人がロシアにおいて7労働日以上同じ場所に滞在する場合は、到着後7労働日以内に最寄りの移民局に到着通知をしなければなりません。レギストラーツィヤ(レギストレーション)と呼ばれています。
モスクワ滞在 安全マニュアル‐在ロシア日本国大使館
日本大使館からの注意喚起(安全対策強化(追加情報))−在ロシア日本大使館
ロシア短期滞在旅行時における「滞在登録」制度について−在ロシア日本大使館

●外国人滞在登録(到着通知)の手続
ホテルに宿泊する場合は、チェックイン後直ちに、ホテル側にパスポートと出入国カードを提出することによりホテルが手続を行い、到着通知書の半券が外国人に返却されます。半券が返却されるまでには通常一両日を要しますが、ホテルにパスポートを預ける必要はありません(在ロシア日本国大使館HPより)。ホテルに宿泊する場合は、ホテル側に手続義務がありますが、安いホテルやユースホステルは、外国人登録をしてくれずにトラブルになっているので、注意が必要です。

●退去時(出国、場所移動)
退去の場合は、従来、到着通知書の半券を返却して抹消手続を行わなければなりませんでしたが、出国記録又は別の場所における新たな到着通知の提出により自動的に抹消されるようになったため、抹消手続が一切不要となりました。ホテル宿泊者もチェックアウト時にホテルに同通知書の半券を返却する必要はありません。(在ロシア日本国大使館HPより)

●不良警察官や係官による被害
到着通知をめぐり、不良警察官や係官による被害が報告されていますので、注意してください。
・シェレメチェボ空港ターミナルDにて出張者が帰国のフライトに搭乗すべく、出国手続を終え、セキュリティーチェックを受けていたところ、2人組の警官に旅券等の提示を求められ、到着通知に不備があるとして、その場で「罰金」と称する現金の支払を要求された。出張者は到着通知に不備はないとして支払を拒否したところ、警官はあきらめて同人を解放した。(在ロシア日本国大使館HPより)
モスクワ滞在 安全マニュアル‐在ロシア日本国大使館

●パスポートの携行義務
ロシアではパスポートの携帯義務がありますので、必ず携行してください(在ロシア日本国大使館HPより)。観光地や駅周辺では、警察官によるチェックが行われています。
外国人旅行者への9つのアドバイス‐ロシアNOW

赤の広場
(写真:Expedia)



■ロシア(モスクワ、サンクトペテルブルク)の観光スポット


ロシアと言えば何が思い浮かぶでしょうか。モスクワの赤の広場やクレムリン、ロシア料理のピロシキやボルシチ、人形のマトリョーシカといったところでしょうか。旧ソ連の大国なので、どこかおっかないイメージをお持ちかもしれませんが、BRICs(ブリックス)と呼ばれるように著しい経済発展を遂げ、街には高級ホテルやスーパーマーケットが立ち並んでいます。

●モスクワの観光スポット

@モスクワのクレムリンと赤の広場【世界遺産】)
・クレムリン 公式サイト(英語)Wikipedia
・赤の広場 Wikipedia
・聖ワシリイ大聖堂 公式サイト(英語)Wikipedia
Aノヴォデヴィチ修道院の建造物群【世界遺産】
・ノヴォデヴィチ女子修道院 Wikipedia
Bコローメンスコエの主の昇天教会【世界遺産】
・コローメンスコエ Wikipedia
Cモスクワ地下鉄 公式サイト(ロシア語)Wikipedia
モスクワ地下鉄の駅は、「地下宮殿」と称されるほど華麗な装飾で有名です。
Dボリショイ劇場 公式サイトWikipedia
E救世主キリスト聖堂 公式ページ(英語)Wikipedia

●サンクトペテルブルクの観光スポット

@サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群【世界遺産】
・エルミタージュ美術館 公式サイト(英語)Wikipedia
・血の上の救世主教会 公式サイト(英語)Wikipedia
・エカテリーナ宮殿 公式サイト(英語)Wikipedia
・ペテルゴフ宮殿 公式サイト(英語)Wikipedia
・聖イサアク大聖堂 公式サイト(英語)Wikipedia
・カザン聖堂 公式サイト(ロシア語)Wikipedia
・ペトロパヴロフスク要塞 公式サイト(英語)Wikipedia
Aネフスキー大通り Wikipedia




posted by MAYU at 21:41 | ロシア Russia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




Copyright © グッとくる世界の絶景 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。