アラブ首長国連邦 United Arab Emirates - グッとくる世界の絶景

2014年11月09日

イスラム建築の絶景 圧倒的なスケールを誇る世界最大級のモスク


海外旅行先で宗教建築を目にされ、その美しさに驚かれた方も多いと思います。信仰心が無くても荘厳で優美な宗教建築を目の前にすると、心が洗われるような気持になるのではないでしょうか。イスラム教のモスク(礼拝堂)もまた特別な空間です。原理主義の過激なイメージとは全く異なる繊細で荘厳な空間です。圧倒的なスケールを誇るおすすめの絶景モスクを紹介したいと思います。


■シェイク・ザーイド・グランド・モスク(Sheikh Zayed Grand Mosque)


石油でガッポリもうけているアラブの富豪のお金の使い方は信じられないことが多いですが、モスクもそのひとつです。写真は、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビにある世界最大級のモスク、シェイク・ザーイド・グランド・モスク(Sheikh Zayed Grand Mosque)です。

シェイク・ザーイド・モスク.jpg

アブダビ.jpg

●トリップアドバイザーで世界第2位のランドマーク
シェイク・ザーイド・グランド・モスク(通称グランドモスク)は、トリップアドバイザーの「2014年読者が選んだ世界の観光ベストアトラクショントップ25」の第2位にランクインしています。シェイク・ザーイドとは、UAE建国の父と呼ばれるUAEの初代大統領の名前です。1971年の独立から2004年の死去まで大統領を務めました。礼拝者4万人を収容することができる巨大なモスクは、信者でなくても入場できるアブダビの代表的な観光スポットです。
TOP 25 LANDMARKS − WORLDTravelers' Choice−TripAdvisor(日本語)

●世界最大のペルシャ絨毯
広い礼拝堂では、世界最大のペルシャ絨毯、高さ世界一のドーム、世界最大のシャンデリアが威容を誇ります。世界最大のペルシャ絨毯の大きさは5,628uで、驚くことに手織りです。約1,200人のイラン女性が約2年の歳月をかけて、1本1本の糸を手で結ばれたものです。モスクはその姿を映すプールに囲まれていて、その美しさは芸術面でのレベルの高さを物語っています。



●モスクの見学
モスクの入場は、無料です。毎日数回、1時間の無料ガイドツアーが行われています。参拝者しか入場できない時間帯もあるのでご注意ください。ガイドツアーの時間は、公式サイトで最新情報を確認してください。アブダビ国際空港から車で約20分です。
◇開門 
 土曜日〜木曜日 午前9時〜午後10時まで(最終入館午後9時30分)
 金曜日 午後4時30分〜午後10時まで(最終入館午後9時30分)
◇ガイドツアー
 日曜日〜木曜日 午前10時、午前11時、午後5時
 金曜日午後5時、午後7時 
 土曜 午前10時、午前11時、午後2時、午後5時、午後7時

●グランドモスクへのアクセス
タクシーで行くのが一般的ですが、グランドモスク行きの路線バスも出ています。メインバスターミナルの正面出口(建物にメインバスターミナルの看板がある側)前の幹線道路から54番で約30分です。
時刻表(PDF)

●ドレスコード(服装のマナー)
入場の際は、服装のチェックがありますので、現地に行ったものの入場禁止にならないように対策をしていく必要があります。公式サイトの「Mosque Manners」のバナーからドレスコードを確認できます。
(以下、出典:VELTRA)
◇男性の服装チェックポイント
【上半身】肩を隠す。
【下半身】膝を隠す。
ノースリーブ、短パンは禁止です。肩が隠れるTシャツ、7分丈以上のパンツは可。

◇女性の服装チェックポイント
【首から上】前髪も含め、髪の毛をすべて隠す必要あり。
スカーフなどで毛先まですべて隠して巻いてください。顔は出ていても問題ありません。スカーフの色や形、材質はどんなものでも構いませんので、各自ご用意ください。(スカーフ貸し出し不可)

【上半身】首と手首から先を除き、肌の露出、体のラインが出る服装は禁止です。
体のラインがわからない程度にゆったりとした長袖を着用してください。また肌が透けるシースルーの生地も禁止です。ぴったりとしたTシャツを着用している場合は上から大きいサイズの長袖シャツを羽織ったり、ぴったりサイズの長袖を着用している場合は、肩から腰、腕まですっぽりと隠れる大きいストールなどを羽織ると良いでしょう。

【下半身】首と手首から先を除き、肌の露出、体のラインが出る服装は禁止です。
必ず足首まで隠れるロングスカート、もしくは10分丈の長いパンツを着用してください。また体のラインが出るスリムなパンツやレギンスも禁止です。ゆったりとしたサイズのパンツ、もしくはロングスカートをご用意ください。


■シェイク・ザーイド・グランド・モスク(Sheikh Zayed Grand Mosque)


モスクと言えば、トルコのブルーモスク(スルタンアフメット・モスク)やイランの金曜モスク(エスファハーンのジャーメ・モスク)などが有名です。人口の99%がイスラム教徒というトルコには、世界最大級のモスクがあります。首都アンカラにあるコジャテペ・モスク(Kocatepe Mosque)です。

60637_1600x1200-wallpaper-cb1351789084.jpg

●2万4千人収容の巨大モスク
コジャテペ・モスクは、1967年から20年かけて1987年に完成した比較的新しいモスクで、礼拝者を2万4千人収容できます。東京ドームの収容人数が5万5千人なので、そのほぼ半分と考えると、とてつもなく大きな宗教建築です。中にはショッピングセンターも入っています。

●コジャテペ・モスクの見所
オスマン古典様式の巨大なモスクで、4つのミナレットを持っています。トルコのエディルネにあるセリミエ・モスクやイスタンブールのスルタンアフメト・モスク(ブルーモスク)、シェフザーデ・モスクのような中央ドームに半ドームを添えたモスクです。

美しいシャンデリア、ステンドグラス、壁や天井の絵画など細部の作りも非常に美しく、日差しが差し込む時間帯がおすすめです。見学は、礼拝の時間外なら自由です。入場無料。他の地域に比べると観光スポットが少ないアンカラのランドマーク的な存在です。

コジャテペ・モスク.jpg




●コジャテペ・モスクへのアクセス・行き方
アンカラ地下鉄(Ankara Metrosu)又はアンカライ(Ankaray)の「Kizilay(クズライ、キジライ)」駅下車、徒歩約15分。繁華街から少しだけ離れたところにあります。



●コジャテペ・モスクのショッピングセンター
モスクの建物には「ベーンディック」というショッピングセンターが入っています。1階がスーパーマーケットとレストラン、2階が本屋や雑貨、3階は衣料品、4階がモスクです。ショッピングセンターから直接礼拝堂には上がれません。モスクが、市民の生活の一部として必要なものとして建造されています。

●コジャテペ・モスク周辺の観光スポット
アンカラの観光スポットの中では、アタテュルク廟(Ataturk Mausoleum (Anitkabir))が最もポピュラーです。トルコ建国の父、ケマル・アタチュルクの霊廟で、回廊内に併設された博物館には、アタテュルクが生前愛用した品などが展示されています。外国人観光客よりもトルコ人観光客が多いです。衛兵交代も見られます。
アンカラの見どころ-トルコ政府観光局








Copyright © グッとくる世界の絶景 All Rights Reserved.