ハワイへ行くなら絶対に見ておきたい 満天の星が煌めく星空の絶景 - グッとくる世界の絶景

2014年12月14日

ハワイへ行くなら絶対に見ておきたい 満天の星が煌めく星空の絶景


ハワイは、日本人の海外渡航先で毎年トップ5に入っています。ハワイと言えば何を思い浮かべますでしょうか。ショッピング、グルメ、ビーチ、フラダンスと色々ありますが、ハワイ最大の魅力は、その自然の豊かさにあると言っても過言ではありません。自然を満喫できるプログラムは数多くありますが、その中でも日本では決して見ることができない星空の絶景を鑑賞されることをおすすめします。

■ハワイ マウイ島ハレアカラ火山で見る星空の絶景


日本でも都会の明かりの影響が小さい地域では、天の川が見えます。天の川が一番明るく見えるのは、冬の天の川よりもずっと明るい夏の夜空です。ただし、天の川の一部はずっと南の方にあるため、日本からは見ることができません。写真は、ハワイのマウイ島から見た天の川です。

天の川.jpg

●ハワイ・マウイ島ハレアカラ火山で星空観賞
星空鑑賞に適している場所は、光の無い高い場所です。標高3,055mのハレアカラ火山から眺める星空は驚くほど美しく、神秘に満ち溢れた絶景です。ハレアカラとは、ハワイ語で「太陽の家」という意味で、周囲約34qのクレーターを有する世界最大級の休火山です。マウイ島の中心地のカフルイから車で約1時間ほど走ればハレアカラ山頂に到着します。サンセット鑑賞とセットになった星空観賞ツアー(スターゲイジングツアー)に参加するのが一般的です。



●星空観賞のベストシーズン
ハワイ・マウイ島ハレアカラ火山で天の川がよく見える星空観賞のベストシーズンは、7月から9月の、月明かりの影響の無い新月の日です。満月の日は、光が強いので星の見える数が減りますので、注意してください。

●星空観賞の注意事項
・山頂は天気が変わりやすいので、星空が見えないこともあります。
・山頂は地上に比べて気温が低いので、防寒対策が必要です。
・山頂に行く前の最後のトイレは、標高2,969mにあるビジターセンターのトイレです。
・人によっては、高山病(頭痛、吐き気など)になります。通常、星空観賞ツアーでは高山病にならないように、途中で何回か休憩(土産物屋、トイレなど)をとりながら、徐々に高度を上げていきます。

●美しく弧を描く天の川
私達の太陽系は銀河系(天の川銀河)という2千億個ぐらいの恒星の大集団の中にあります。私達の太陽もその恒星のひとつです。銀河系全体は、直径約10万光年の薄い円盤のような形をしていて、太陽系は、銀河系の中心から約3万光年の、円盤のほぼ中心面上に位置します。地球から銀河系の円盤に沿った方向を見ると銀河系の中の星が密集して見えます。これが地球上からは天の川として見えるのです。

●ハレアカラの日の出
ハレアカラは、ハワイアンの聖域としても有名で、現地の人もサンライズを見に来ます。ご来光を望むサンライズツアーは、通年で催行されています。雲海から昇る感動的な日の出を見ることができます。ただし、出発は深夜となります。




■ハワイ ハワイ島マウナケアで見る星空の絶景


星空鑑賞に適している場所は、光の無い高い場所です。ハワイ諸島の最高峰は、ハワイ島にある標高4,205mのマウナケアです。宇宙に近いこの山頂からは、地球上から見られる星の約80%を見ることができます。壮大な星空の絶景を鑑賞することができます。

マウナケア.jpg

●マウナケアで星空鑑賞
マウナケアは、ハワイ語で白い山の意味で、冬になると山頂が雪に覆われることから名づけられました。マウナケア山頂付近は、晴天率90%以上と天候が安定し、空気が澄んでいることから、世界中で最も天体観測に適した場所の一つと言われ、世界の天文台が集まる場所として知られています。日本のハワイ観測所すばる望遠鏡もここにあります。



●星空鑑賞のベストシーズン
星空鑑賞のベストなタイミングは、月明かりの影響の無い新月の日です。満月の日は、光が強いので星の見える数が減りますので、注意してください。マウナケアは天候は安定していますが、標高が4,000mを超える高所ですので、最低気温は1年を通じて零下です。風があると体感温度はさらに下がるので、念入りな防寒対策が必要です。サンセット鑑賞とセットになった星空観賞ツアー(スターゲイジングツアー)に参加するのが一般的です。



●星空鑑賞の注意事項
・冬は、標高が高い場所で雪が積もります。吹雪になることもあります。
・冬の悪天候時には、マウナケア山頂付近の道路が通行止めになることがあります。
・山頂へ行くには、舗装されていないガタガタ道を走るので、4WDでないと行けません。
・山頂では氷点下になりますので、万全の防寒対策が必要です。
・富士山よりもさらに高い4,000m級の山ですので、高山病(頭痛、吐き気など)にかかるおそれがあります。
・通常、星空観賞ツアーでは高山病にならないように、途中で何回か休憩(オニヅカ・ビジターセンターなど)をとりながら、徐々に高度を上げていきます。
・山頂には仮設トイレがあります。山頂へ行く前の最後のトイレは、オニヅカ・ビジターセンターです。
・酸素が薄いので、ゆっくり行動する必要があります。

●マウナケアの日の出
マウナケアは、ハワイアンの聖地中の聖地です。ご来光を望むサンライズツアーは、通年で催行されています。雲海から昇る感動的な日の出を見ることができます。ただし、出発は深夜となります。ツアーでは、通常オニヅカ・ビジターセンターで高地に体を慣らすために1時間程度の休憩を取るので、星空を鑑賞することができます。




posted by MAYU at 16:39 | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




Copyright © グッとくる世界の絶景 All Rights Reserved.